SENNENのBLOG header H28 実りの秋
 ご覧になって役立つ記事が、1つでもあれば幸いです。 

高菜の炒め煮2

DSCF2037

 高菜を頂いたので、また、炒め煮にしました。
 今回は、テンプラと煮ましたが、美味しいです。

長田の大銀杏祭り(みやま市瀬高町)

晴天に恵まれた、お祭りになって良かったですね。
銀杏吹雪みたいになるのも、見れました。
DSCF2013

DSCF2011

DSCF2016

DSCF2023




DSCF2017



DSCF2030

  老松神社拝殿
DSCF2022

DSCF2015

DSCF2009



地元の方々の手作りの漬物等が70品位並んでました。
豚汁も熱々で美味しく頂きました。

玉子がゆ・小豆がゆ

先日、砂糖を買いに行った「ドラッグ モリ」で見かけたので、
美味しそうな味の素の2種類を買ってみました。 どちらも99円です

DSCF1950

DSCF1954

DSCF1957

DSCF1961

どちらも、お粥の出来は、すばらしいですが、塩気が足りないので、
塩昆布を載せて、かき混ぜて食べると、ちょうどいい塩梅でした。
そして、容量も、丁度大きめのお茶碗一杯でした。

2つの味の比較では、小豆がゆのほうが、より美味しく感じました。

体調が悪くて食欲が無いときや、歯が悪いときなどにも、重宝しそうですね。
 (お粥の完成品ですから、温めて、塩分を調整するだけです)

カブと人参で

「小松菜のあとひき漬け」の漬け方で、蕪と人参を漬けてみました。
色付け用に、ラディッシュと香り付けに柚子の皮を加えました。
 (桜の花びらみたいに、ほんのりピンク色になってます。)

DSCF1968

漬け汁は、多めにしました。 
相性の良い、美味しい柚子風味の漬けものになりましたよ。

小松菜のあとひき漬け

小松菜は、やはり漬物にした方が美味しいですね。
野沢菜よりも、やわらかくて、シャキシャキすると思います。
DSCF1949

小松菜は1cm程度に刻み、人参と大根は2ミリ程度のイチョウ切りにしたものに、
軽く塩をふり、重石をして下漬けをします。(今回は蕪を使いました)

下漬けを数時間したら、昆布茶、砂糖、醤油、酢を適量混ぜたものに、
下漬けしたものをしっかり絞って、漬け汁がまんべんなく絡むように混ぜる。
そして、重石を少し軽くして本漬けする。

半日くらい経ってからの方が美味しいです。
ワサビみたいにツーンと来る辛みと風味がたまりませんね。

参考レシピは、ここ(NHK きょうのみんなの料理)
livedoor プロフィール
記事検索(ブログ内)
折り紙動画 再生リスト
最新コメント
ギャラリー
  • 具だくさんの豚汁
  • 柚子皮を冷凍保存に
  • 柚子皮を冷凍保存に
  • 柚子皮を冷凍保存に
  • 隼人瓜の豚肉炒め
  • 隼人瓜の豚肉炒め
  • 隼人瓜の豚肉炒め
  • 隼人瓜の甘酢漬け
  • 栗おはぎと栗饅頭
  • 栗おはぎと栗饅頭
  • 隼人瓜の収穫
  • 茹で栗の渋皮丸剥き
  • 蒸し饅頭のラップ包み
  • 蒸し饅頭のラップ包み
  • 蒸し饅頭のラップ包み
タグ絞り込み検索 (▼をクリック)
アクセスカウンター (UU)

    アクセスカウンター (PV)

      旬の花時計 V2
      日めくりカレンダー
      メール