SENNENのBLOG header 1000x88 蝋梅

2015年10月

 ご覧になって役立つ記事が、1つでもあれば幸いです。 

隼人瓜・蕪・ラディッシュの甘酢漬け

今年も、3種類揃ったので、甘酢漬けをしました。
蕪と一緒に漬けると、ツーンと来る蕪の風味が全体に付き、
また、ラディッシュを一緒に漬けると、赤の色素が溶けて、
全体にピンク色が付くので、3種類揃う時期に漬けるようにしています。

そうすることによって、見た目にも、味の方も、とても美味しくなります。
松・竹・梅の型抜きにしておけばよかったですね。
漬け汁に使っているのは、
ミツカンの純米酢、タカラの本みりん、グラニュー糖、粗挽き唐辛子を適量。
DSCF0941
食感も、3種類の違いが味わえます。
ラディッシュ: カリカリ   蕪: ややフワッと   隼人瓜: シャキシャキ
DSCF0903
採れたてを頂いた、
ラディッシュ


DSCF0899
生の隼人瓜(甘酢漬けも、炒める時も、このように切っています)
※追加漬けは、松・竹・梅の型抜きも加えました。

三色丼8(大根葉・焼き鮭・炒り卵)

昨夜、ラディッシュの葉を茹でて、味塩を振り、三色丼にしてみました。
真ん中のピンクは、ラディッシュの甘酢漬けを刻んだものです。
DSCF0927DSCF0936
久しぶりで、とても美味しかったです。

隼人瓜

若い隼人瓜(手のこぶし大くらいまで)は、皮がとても軟らかいので、
綺麗な緑の皮ごと調理できます。

指の爪を立てて、傷が付かないようだと、皮を剥いた方がいいかも。

酢の物、サラダ、炒めもの、煮もの、酒粕漬などで、美味しく食べれます。
また、大きくて傷が無いものであれば、春頃まで常温で長期保存できるのも、
良いですね。

DSCF0885
DSCF0886DSCF0887
隼人瓜の断面  種は扁平の種が真ん中に1個できますが、
春に植えるときは、隼人瓜を丸ごと植えます。
発芽の様子は、ここ
DSCF0896

隼人瓜の豚肉炒め

今年最初の隼人瓜調理です。 人参とオクラも加えました。

隼人瓜は、蕪、ラディッシュと3種一緒に甘酢漬けにすると、
蕪の風味と、ラディッシュの色が全体に付き、
食感・風味ともに美味しくなります。

DSCF0883
味付けは、生姜、塩こしょう、酒、麺つゆです。
隼人瓜が、とても美味しく食べれます。 歯ごたえも好みに調整できますね。
平川動物公園
プロフィール

SENNEN

記事検索(ブログ内)
折り紙動画 再生リスト
最新コメント
ギャラリー
  • 隼人瓜の初収穫
  • 混ぜ御飯(大根葉炒め煮)
  • 大根葉の炒め煮
  • 隼人瓜の赤ちゃん
  • 隼人瓜の赤ちゃん
  • 隼人瓜の赤ちゃん
  • 隼人瓜の赤ちゃん
  • 豚肉の生姜焼き風
  • 細いステンレス針金(0.28mm)
  • 細いステンレス針金(0.28mm)
  • ミニ耕運機のキャブレターフロート部品(新品)
  • ミニ耕運機のキャブレターフロート部品(新品)
  • ミニ耕運機のキャブレターフロート部品(新品)
  • 山東菜の炒め煮
  • 糸通しセット3種
タグ絞り込み検索 (▼をクリック)
アクセスカウンター (UU)

    アクセスカウンター (PV)

      旬の花時計 V3
      花が流れる水中時計
      アーカイブ
      日めくりカレンダー