SENNENのBLOG header 1000x88 蝋梅

2015年11月

 ご覧になって役立つ記事が、1つでもあれば幸いです。 

桜の根元の雑木除去

昨日、桜の根元に直径5㎝位の雑木が生えているのに気付き、掘り出し、
根からの除去作業です。 数年経っていたものと思います。
DSCF5267
DSCF5270
桜の根の下に食い込んで、根を張っていました。
DSCF5271
主根を切断し、除去完了です。
鳥が運んで来た種から根付いた、雑木は、特に生命力が強いようで、
早い段階で、除去しておかないと、手が付けられない位の大きさに、
成長してしまい、植樹している本来の樹木を弱らせます。

残りの蘇鉄の幹割り

5分割した残りの2個です。 一番大きいのは、直径が約30~40cm。
DSCF5195-001

先日の3個分が奥で、今日の2個分は手前。
DSCF5255

今日、全部手斧で割ってしまったので、右側に積み重ねました。
左側の3個分よりも、右側2個分の方が多いですね。
DSCF5257
乾燥したら、下側の空き地で燃やす予定なので、
一番近い、日当たり・風当りも良いこの場所に積んでいます。

DSCF5262

突き出ている石の剥離

数日前に、突き出ている石の剥離作業もしました。
通路的に通られている箇所に、10㎝位突き出ている状態が、
数十年も、続いていたのが不思議ですねぇ。

高齢者でなくても、つまづいて怪我をされてはいけないので、
安全のために、剥離することにしました。

DSCF5146
DSCF5147
角度を変えて見ると、砂岩で、横方向に層になっている筋が分かりますね。
都合が良い事に、この筋目にタガネで叩けば、
簡単に剥離することが想定できます。

DSCF5148
DSCF5150
DSCF5169
想定通り、都合良くバッチリ剥離できました。
DSCF5162
DSCF5165
剥離後の角も落としました。

簡易階段の設置(15㎝ブロック)

踏み板が腐ってボロボロになっていたので、
15cmブロックによる簡易階段を設置することにしました。
一人でボランティア作業です。
DSCF5216
DSCF5220
側溝の蓋から50㎝の高さです。
DSCF5221
DSCF5222
DSCF5226
東側の側溝の土砂を取り除き、フェンスのキヅタ・カズラ等も除去、整備。

DSCF5236
5cm砂土で嵩上げして15×3段=45cmになるように、
15cmのブロック6個で、2段階段を設置すれば、バッチリですね。

DSCF5238

西側の側溝の土砂を取り除き、フェンスのキヅタ・カズラ等も除去、整備。DSCF5240
DSCF5243
15㎝の階段なので、上り下りもスムーズで快適です。
木ヅタやカズラも伐採して、取り除き、側溝の蓋の上の土砂も取り除いて、
綺麗に整備して、完成です。 請負の仕事みたいになりました。

大根葉とベーコン炒め2

大根葉(間引き菜)を頂いたので、茹でて、ベーコンと炒め煮にしました。
今回は、炒り卵を先にして、別皿に取って最後に混ぜ合わせました。
DSCF1284
味付けは、塩こしょう・麺つゆを少々です。
根も大変柔らかくて、美味しかったです。

蘇鉄割り(薪割り斧)

転がっているのは、大きな里芋ではありません。(^_^ )
何年も前に伐採された、蘇鉄の幹です。(長さ:約2m 直径:約30~40cm)
全く枯れること無く、根と不定芽が一杯出ていました。

蘇鉄の幹は、水分・養分を圧縮蓄積したような繊維質の塊のようなもので、
樹木とは、全然違って、軟らかいので、斧で切りやすいですね。

数年間、放置されていても、発根と不定芽を一杯出して、
根付こうとするようです。
恐るべき生命力です。

処分するには、薪のように、割って乾燥させ、燃やすのが一番だと思い、
割ってみました。

DSCF5120-001
DSCF5191
幹元は直径40cm程あります。 根もたくさん出ています。
中は、水分・養分をタップリ蓄積しています。

幹の部分(約1.5m)を3分割し、一つを半分に割ったところです。
DSCF5195
丸太の40cmを斧だけで、切断するのは大変ですが、蘇鉄は軟らかいので、
比較的、楽に切れました。
DSCF5197
DSCF5196
5分割の3個分を割ってしまい、早く乾燥するように積み上げました。
DSCF5214
DSCF5211
一番大きいところを、まだ2個残しています。

雑木の伐採(手挽き鋸)

11月1日から、10年前後の雑木2本と20年超えのモチノキ1本を、
数回の作業に分け、一人で、手挽き鋸で伐採しました。
雑木の直径は、20×23cm、12×15cm
モチノキの直径は、17×23cm、11×12cm
DSCF5120

使っている鋸は、替刃式鋸 ゼットソーHI 刃渡り:333mm
刃先処理:ハードインパルス
切れ味が抜群で、目詰まりしないので、
直径10cmまで位は、一気に切れます。
それ以上の大きさは、腕を2・3回休めながら切ります。
DSCF5182
DSCF5181
DSCF5186
切株の方は、土で汚れてしまいました。

これは雑木の大きい方で直径が、20×23cm 年輪が12年分
切り離した方は、切り口も綺麗ですね。
DSCF5188

これは雑木の小さい方で直径が、12×15cm 年輪が8年分DSCF5172
DSCF5154

このモチノキの直径は、17×23cmと、11×12cm 年輪は22年分かな?DSCF5171

ワサビ菜と野菜の芽

先日、ワサビ菜の苗を貰って、庭先の畑に植え、根付いたものです。
もっと大きく成れば、1本おきに間引く予定です。
野菜の種は、遅蒔きの先月25日に蒔きました。
DSCF1270

丸葉のほうれん草の芽です。
DSCF1273

春菊(中葉)の芽(二つ葉)です。

DSCF1281

小松菜の芽(カイワレ)です。 
アブラナ科の芽は、皆同じですね。大きさが違うだけ。

DSCF1280

炒飯2

御飯が少なめだったので、炒飯にしました。(2~3倍に増量)
小松菜を茹でたものと、人参、竹輪を入れて、
野菜いっぱいの炒飯を作ってみました。 
卵は使わなくても、とても美味しくできました。DSCF1263
ピンク色になっているのは、二十日大根(ラディッシュ)
味付けは、塩・胡椒と、麺つゆです。

木挽き鋸(大)

刃渡り55cm  幅125~95mm  全長:約90cm
刃も研いで、目立てもきちんとされていたようですが、
錆びだらけになっていたので、ディスクグラインダー用の
回転ワイヤブラシと、ディスクグラインダーで錆びを落としました。
仕上げに、刃をヤスリで軽く研げば、切れ味は良いと思います。
直径40cm位は、楽に切れるでしょう。
DSCF5143

亡父が70年位前の若いときに使っていた、
木挽き鋸(大、中、小)の大です。
小は、練炭を半分や三分の一に切るときに使っていました。
プロフィール

SENNEN

記事検索(ブログ内)
折り紙動画 再生リスト
最新コメント
ギャラリー
  • シンデレラフィット
  • シンデレラフィット
  • シンデレラフィット
  • シンデレラフィット
  • シンデレラフィット
  • パルスオキシメータのシリコンカバー密着加工
  • パルスオキシメータのシリコンカバー密着加工
  • パルスオキシメータのシリコンカバー密着加工
  • パルスオキシメータのシリコンカバー密着加工
  • パルスオキシメータのシリコンカバー密着加工
  • パルスオキシメータのシリコンカバー密着加工
  • チョコあ~んぱん
  • チョコあ~んぱん
  • チョコあ~んぱん
  • チョコあ~んぱん
タグ絞り込み検索 (▼をクリック)
旬の花時計 V3
アーカイブ
アクセスカウンター (UU)

    アクセスカウンター (PV)