今度は、シャフトの先端部がみごとに、くの字に曲がっていました。
この傘のシャフトは、丈夫なように鋼管が使われていますので、
かなりの力が加わったのでしょうね。
DSCF7222
DSCF7221
まずは、折れ曲がった箇所をカットして、除きます。
グラインダーでカットする時に、猛烈な火花が出ました。
そして、先端の石突きを抜き取ります。
DSCF7226
DSCF7229
DSCF7232
短くなった先端に、抜き取った石突きを打ち込んで、完了です。
40ミリ、短くなりましたが、丁度良いバランスだと思います。