毎年、2月15日に、粥炊きし、この占い鉢に移されて、ゆり粥にして蓋をし、
3月14日まで1ヶ月間、方位を合わせて、保管されたものを、祭り前日に
蓋を開けて、宮司が「粥占い」をされます。
 そして、祭り当日の15日に、日子神社境内の組立て櫓内に設置されて、
参拝者に披露されます。
CIMG2974
粥占いの結果が印刷され、参拝者に「御悟」が用意されています。
CIMG2979
CIMG2976
DSCF1874