セットした時間よりも、2時間くらい早くアラームが鳴る症状。
セット時間とのズレを確認すると、5時にセットしたのが、3時20分に鳴る。
1時間40分も早く鳴るので、確かに2時間位早い。
DSCF8661
ズレの修正は、前面カバーを外して、秒針、長針、短針を外して、
セット時刻を何時でも良いので、ジャスト時にして、後は、
短針、長針、秒針を合わせて、固定すれば、ほぼ正確に修正できます。

DSCF8670(ほぼ、実寸サイズのスイッチ)
今回の修理は、アラームを止めるマイクロスイッチ(画像の左側)も、
悪くなっていたので、使わなくなったマウスのマイクロスイッチ(画像の右側)
に取り替えて、軽快に正常動作する、取付固定の調整が難しかったですね。

でも、バッチシ修理できました。
スイッチも、以前よりも、マウスのクリックと同様に、
確実・軽快にON/OFFできるようになりました。