彼岸花は、盛りを少し過ぎていました。
DSCF0249