SENNENのBLOG header 1000x88 蝋梅

花笠作り

 ご覧になって役立つ記事が、1つでもあれば幸いです。 

花笠の展示

今年の権現祭では、「御田植え」の奉納踊りが中止になりましたが、
花笠作りは、技術伝承の為、2~3個はいちから全工程、新調する
事にしております。
3月15日の権現祭が終わった後、そのうちの1個を翌日、
公民館の和室に展示しておくことになりました。
DSCF1745
DSCF1746

花笠の花紙配色表(七色)

七色配色の組み合わせ表です。
DSCF5760

花笠作り

完成した花笠(御田植え用)
DSCF5754DSCF5745
袋縫いした青布地に、籾殻をしっかり詰めて繋ぎ、
花笠の頭台(台座)にします。
DSCF5757
DSCF5747
大中小の花紙を切り、重ねてホッチキスで止め、金紙を貼ります。
DSCF5750
DSCF5751
DSCF5753
DSCF5754
中骨に、重ねた花紙をテープで固定して完成です。

花笠作り(竹骨固定)

花笠用の竹骨の固定作業を2個だけしました。
直径:約36cm  中骨:43cm(節無し)
DSCF5733
DSCF5734
DSCF5735
DSCF5738
外周骨にリボンを巻く前に、約3.5mを手作りのボビンに巻き付けます。
手作りのボビンと、ボビン押さえにより、大変効率良く、リボンの
巻き付け作業ができます。
DSCF5737DSCF5739

花笠用の頭台試作

従来は、丸棒状に袋縫いした青生地に籾殻をしっかり詰めて、
丸輪頭台にしていましたが、数年繰り返し使っていると、
籾殻が潰れてへたってくるので、代わりにバックアップ材で、
実用になるか、試作中です。

直径35ミリの丸棒で、2mをカットして、62cmのもの。
材質:高発泡ポリエチレン
DSCF5530
DSCF5531
DSCF5532

直径が大きいので、輪にすると、反発力がかなり強くて、
テープでつなぎ目を巻いても、隙間ができて変形したり、はずれたり。
型枠にはめ込んで、接着するのが簡単なので、
接着用の型枠を作りました。
※今回も、桐の端材が役に立ちました。
内径サイズ:24cm × 18.5cm
DSCF5533
DSCF5534

型枠にはめ込んで、接着剤による接着テストです。
DSCF5488
DSCF5492DSCF5535

従来の丸輪頭台(籾殻をしっかり詰めて、テープ止め)
DSCF5537

プロフィール

SENNEN

記事検索(ブログ内)
折り紙動画 再生リスト
最新コメント
ギャラリー
  • ナツメ球5W3個入
  • ナツメ球5W3個入
  • オクラの定植(4本)
  • 胡瓜のワサビと金山寺味噌載せ
  • うちわ自作キット(白無地12本セット)
  • うちわ自作キット(白無地12本セット)
  • うちわ自作キット(白無地12本セット)
  • うちわ自作キット(白無地12本セット)
  • アジの南蛮漬け(頂き物)
  • ビール漬け(大根・人参・胡瓜)
  • ビール漬け(大根・人参・胡瓜)
  • セリの花
  • セリの花
  • デジタル時計(電波時計)
  • ゴーヤの卵とじ
タグ絞り込み検索 (▼をクリック)
アクセスカウンター (UU)

    アクセスカウンター (PV)

      旬の花時計 V3
      アーカイブ
      日めくりカレンダー