SENNENのBLOG header 1000x88 蝋梅

ベルト

 ご覧になって役立つ記事が、1つでもあれば幸いです。 

日立の洗濯機の修理(昨日、Vベルト交換)

型名:NW-60RS1
今年の8月で、25年間使用していることになります。

最近は、脱水の回転力も、かなり弱ってきており、おそらく、
Vベルトの摩耗によるものと、予測しているので、分解して点検し、
交換ベルトが、すぐ入手できれば、交換することにします。
DSCF3549
洗濯機を倒して、底から点検すると、
やはり、Vベルトがかなり緩んでいますね。
DSCF3551
DSCF3553
DSCF3562
ベルトは、摩耗して緩くなっていたので、モーター側のベルト調整ねじ
2本(13mm)を緩めずに、簡単に外れました。
DSCF3563
DSCF3564
M-20.3が付いていましたが、M-20をホームセンター(グッデイ)で、
入手できたので、これに交換します。 ¥669円(税込)
DSCF3556
DSCF3576
DSCF3578
モーター側のベルト調整ねじ2本(13mm)を緩めて、ベルトの張りを調整し、
しっかりと固定します。
DSCF3568
DSCF3572
購入時の回転力が復活し、洗濯、脱水とも快調です。
まだまだ買い換えずに、5年、10年は、問題なく使えそうです。
梅雨入り前に、乾燥機と洗濯機の両方が修理出来て、一安心です。

日立の衣類乾燥機修理(丸ベルト交換)

交換ベルトとして、オークションで落札したベルトが届いたので、
早速、交換しました。
25年使っていますが、まだまだ、買い換えずに、あと10年は使えそうです。 
修理費用は、自分でするので、ベルト1本740円だけです。
DSCF3473
交換は、簡単にできます。
モーター側のベルトプーリーの固定ネジを緩めて外し、
ベルトを掛けて、モーター軸にはめて、固定ネジを締めればOKです。

オークションで出品、使用機種に合わせて、加工処理されたベルト。
予備の1本と合わせて、2本落札しました。
DSCF3471

25年間使用している、日立の衣類乾燥機のベルトが切れた状態。
DSCF3457

日立衣類乾燥機のベルト切れ

日立衣類乾燥機(DE-N45H5)で、乾燥ができなくなりました。
ヒーターとドラムの回転は正常で、湿気が全然抜けていない状態でした。
湿気抜きのFANが、回転していない状態と想定できるので、
裏ブタを外してみたら、やはり、FANのベルトが切れていました。
DSCF3457
購入してから、25年間使っていますが、切れたのは、2回目です。
前回は、量販店で、ベルトの取り寄せができましたが、やはり、今回は
入手できませんでした。
そこで、念のため、オークションで検索したところ、なんと、
それぞれの使用機種ごとに、出品・加工してもらえるのがあったので、
落札しました。 1本、わずか740円(〒0円)でした。
届き次第、交換する予定です。
平川動物公園
プロフィール

SENNEN

記事検索(ブログ内)
折り紙動画 再生リスト
最新コメント
ギャラリー
  • 細いステンレス針金(0.28mm)
  • 細いステンレス針金(0.28mm)
  • ミニ耕運機のキャブレターフロート部品(新品)
  • ミニ耕運機のキャブレターフロート部品(新品)
  • ミニ耕運機のキャブレターフロート部品(新品)
  • 山東菜の炒め煮
  • 糸通しセット3種
  • 糸通しセット3種
  • カレーうどん(五木食品)
  • カレーうどん(五木食品)
  • カレーうどん(五木食品)
  • カレーうどん(五木食品)
  • 融着テープ
  • 融着テープ
  • ミシン針(#11,#14)
タグ絞り込み検索 (▼をクリック)
アクセスカウンター (UU)

    アクセスカウンター (PV)

      旬の花時計 V3
      花が流れる水中時計
      アーカイブ
      日めくりカレンダー