SENNENのBLOG header 1000x88 蝋梅

ラディッシュ

 ご覧になって役立つ記事が、1つでもあれば幸いです。 

甘酢漬け(隼人瓜、蕪、ラディッシュ)

隼人瓜、蕪、ラディッシュを一緒に甘酢漬けにすると、
全体がピンク色に染まり、それぞれが、とても美味しく漬かって、
3種類の歯ごたえも、味わえます。

漬け汁は、純米酢、グラニュー糖、本みりん、粗挽き唐辛子を適量です。
DSCF8829
丸1日で、ラディッシュの色素が溶けて、全体がピンク色に染まってきます。
味の方も、蕪とラディッシュは、だいぶ美味しくなっております。
隼人瓜は、2~3日経ってからの方が、美味しくなります。
全体に、ツーンとくる、蕪の風味が付いて、それぞれの食感を味わえるのが、
楽しみですね。 隼人瓜=シャキシャキ  ラディッシュ=カリカリ  蕪=フワッ

甘酢漬け

22日に漬けた甘酢漬けですが、ラディッシュの色素が抜けて、
綺麗な薄ピンク色に染まりました。
 蕪はもう少しですね。
DSCF6409
味の方は、隼人瓜が、歯ごたえもシャキシャキと、一番美味しい状態です。
蕪と、ラディッシュは、霜にもあたっている時期なので、密度が高く、
少し堅めです。

蕪、ラディッシュ、隼人瓜の甘酢漬け

松竹梅の型抜きはしていませんが、
旧正月の28日には、美味しく漬かると思います。

今回は、一番下に、蕪、次にラディッシュ(二十日大根)、
一番上に隼人瓜です。
DSCF6281DSCF6284
DSCF6290
DSCF6293
漬け汁は、純米酢、グラニュー糖、本みりん、粗挽き唐辛子
適量混ぜています。 直径23cmのステンボールに漬けています。

ラディッシュと胡瓜の輪切り飾り

ラディッシュと胡瓜の輪切りを並べて、
真ん中に練り辛子を載せてみました。
DSCF6257

ラディッシュの収穫

昨日収穫した、ラディッシュ(二十日大根)です。
葉は茹でて食べました。 とても軟らかく、甘みも増していました。
DSCF6244
最後に、もう1回収穫できそうです。
プロフィール

SENNEN

記事検索(ブログ内)
折り紙動画 再生リスト
最新コメント
ギャラリー
  • チタンコーティングカッター
  • チタンコーティングカッター
  • チタンコーティングカッター
  • チタンコーティングカッター
  • チタンコーティングカッター
  • チタンコーティングカッター
  • 八朔とパール柑
  • 博多おでん
  • 博多おでん
  • 食品用乾燥剤(シリカゲル)
  • 食品用乾燥剤(シリカゲル)
  • セクションケース
  • セクションケース
  • セクションケース
  • セクションケース
タグ絞り込み検索 (▼をクリック)
アクセスカウンター (UU)

    アクセスカウンター (PV)

      旬の花時計 V3
      アーカイブ
      日めくりカレンダー