SENNENのBLOG header 1000x88 蝋梅

甘酢漬け

 ご覧になって役立つ記事が、1つでもあれば幸いです。 

甘酢漬けを綺麗にパック詰め

26日に漬けて、3日目のものです。
蕪と二十日大根が同じ色に、綺麗に染まりました。
DSCF8268
DSCF8275
3~5日目くらいが、一番おいしいです。
このように立てて詰めると、食べる時にも、取りやすいですね。

二十日大根と蕪の甘酢漬け

漬け汁は、純米酢・砂糖・本みりんに、唐辛子をちょっぴり。(塩は不使用)
丸1日で、これくらいの色になり、2~3日すると、
二十日大根の色は、
蕪の色みたいに薄くなり、蕪のほうが、もう少し色が付きます。

DSCF8256
二十日大根と、蕪を、一緒に甘酢漬けすることによって、
蕪は、色がピンク色に染まり、二十日大根も全体がピンク色になり、
蕪の風味が移って美味しくなります。
食感では、柔らかい蕪と、カリカリの二十日大根の両方が味わえます。
食後の口直しにも、大変美味しいです。

隼人瓜・蕪・ラディッシュの甘酢漬け

今回は隼人瓜と一緒の3種の甘酢漬けをしました。

DSCF1450

DSCF1461

2~3日で、ピンク色の美味しい3種類の甘酢漬けが味わえます。

歯ごたえも3種で、蕪は 「やわらか」、 隼人瓜は 「シャキシャキ」
ラディッシュは 「カリカリ」です。

蕪の甘酢漬け三色

プルメリアさんも、こんな感じにされているのかな?

DSCF1357


DSCF1298

DSCF1309

DSCF1315

ピンクはラディッシュの色素で、黄色はクチナシで染まってます。

見た目は楽しめますが、蕪本来の味は、3~5ミリの厚さが一番良く
味わえると思います。

二十日大根と、かぶの甘酢漬け

二十日大根を頂いたので、今年も、蕪との甘酢漬けをしました。

DSCF1270

2~3日で、二十日大根の赤い天然の色素で、綺麗なピンク色に染まります。
手前の輪切りが、二十日大根で、かぶは、型抜きとイチョウ切りです。

食感は、二十日大根が「カリカリ」かぶは「やわらか」で両方味わえます。
これに、緑色の隼人瓜を漬けていると、「シャキシャキ」の食感が味わえます。

酢と砂糖の漬け汁に、荒挽きの唐辛子をほんの少し入れると、美味しさが増します。

プロフィール

SENNEN

記事検索(ブログ内)
折り紙動画 再生リスト
最新コメント
ギャラリー
  • 時期外れの開花(紫御殿)
  • 救急絆創膏(共立薬品工業)
  • 救急絆創膏(共立薬品工業)
  • 混ぜ御飯
  • のりたま(丸美屋)
  • のりたま(丸美屋)
  • 新船小屋の堤防桜
  • 新船小屋の堤防桜
  • 新船小屋の堤防桜
  • 新船小屋の堤防桜
  • デジタル腕時計(CASIO)
  • キュウリの竹輪詰めとバナナサラダ
  • キュウリの竹輪詰めとバナナサラダ
  • 混ぜ御飯
  • 体重計を購入(オムロン)
タグ絞り込み検索 (▼をクリック)
アクセスカウンター (UU)

    アクセスカウンター (PV)

      旬の花時計 V3
      アーカイブ
      日めくりカレンダー