SENNENのBLOG header 1000x88 蝋梅

2012年11月

 ご覧になって役立つ記事が、1つでもあれば幸いです。 

アルプス乙女

ミニりんごのアルプス乙女美味しい時期になりましたよ。
今回買ったのは、少し大きめの60~70gでした。(直径と高さが約5cm)


DSCF1924

   皮ごと丸かじりで食べれて、美味しいです。

 ※洗って乾拭きすると、ワックスを掛けたように艶が出ます。

みかんを綺麗に食べる

DSCF1895
DSCF1898
DSCF1900
DSCF1902
DSCF1906
DSCF1908

  大変美味しい、みかんでございました。

カラーコピーペーパー(60枚入)

DSCF1892

  黒文字に映える、3色です。 普通紙印刷用です。
  他に、もう1色ブルーがあります。


白紙に印刷するよりもカラー用紙に印刷した方が、良い場合がありますよね。

省エネ蛍光ランプ(電球形)


40W、60Wがあり、それぞれ昼光色、電球色があり、
4種類から選択
できます。

DSCF1883-001

電球型蛍光ランプ60W

充電器&充電電池(単3形・単4形)

充電器(単3形・単4形兼用タイプ) 充電電池は別売
DSCF1864

DSCF1866

  取扱説明書
DSCF1868-001

DSCF1869


   充電電池(単4形)   ※単3形もあります
充電電池
 充電電池を充電端子にセットした状態(単4形1個)
 約500回繰り返し充放電が出来ます。
 ※電池の種類や使用状況によって異なります。
と記載されています。


乾電池だと、弱くなったら廃棄しないといけないので、
充電電池のほうが、無駄が無く、省資源・省エネに貢献すると思います。

人参とインゲンの豚肉巻き

DSCF1940

DSCF1860

人参と丸インゲンを塩茹でし、豚肉で巻いて塩・胡椒し、
フライパンで焼くだけです。


そのまま食べても美味しいですが、味ポン等では、サッパリと食べれます。
インゲンのシャキシャキ感もいいですね。

卯の花

DSCF1855
沢山のおからを頂いたので、卯の花を久しぶりに作りました。
久しぶりだったので、大変美味しかったです。

具材を細かく刻むのに手間がかかりますが、下ごしらえが済めば、
後の調理は簡単ですよね。 寒い時期には日持ちもし易いですね。


 のど越しが良いように、青菜(キャベツ・青梗菜)を加えました。
レンジや鍋で、温め直しが出来るように、しっとり炊き上げにしております。

参考レシピは、ここ(クックパッド)

茎わかめの炒め煮

DSCF1847
胡麻油で炒めた方が、美味しいような気がして、つい炒めてしまいます。
少し唐辛子を入れれば、より美味しくなり、つまみにもなります。

参考レシピは、ここ(楽天レシピ)茎わかめ佃煮(2)

親生姜の佃煮

親生姜1.3kgを佃煮にしました。
(繊維が短くなるように、繊維方向にクロスするように切ります)

DSCF1824

先月、新生姜を1kg佃煮にしましたが、辛みも親ほど辛く無くて、
炊き減りもするので、短期間で食べてしまいました。

今回の親生姜は、炊き減りも殆どせず、茹でこぼしても辛みが結構残りますので、
薬効成分も多いものと思います。
歯ごたえも、新生姜よりもシャキシャキ感が強く、繊維分も残らず、程良い
辛みがあり美味しいので、
佃煮には、親生姜を使った方がいいと思います。

参考レシピは、ここ(クックパッド)

野菜ラーメン

DSCF1811-001
生麺と豚骨濃縮スープのラーメン使用。
豚骨スープには、ほうれん草も良く合って美味しいです。
春菊も合いますね。

DSCF1818
春菊を入れた方です。

DSCF1820
気に入っているラーメンです。
DSCF1822
家ラーメンの良いところは、栄養価の高い野菜と一緒に食べられる事と、
好きな野菜を自由に組み合わせられ、野菜を入れることによって、
さっぱりした味で、美味しく食べられる事ですね。
プロフィール

SENNEN

記事検索(ブログ内)
折り紙動画 再生リスト
最新コメント
ギャラリー
  • 下ろし大根と胡瓜の千切り
  • ゴーヤの油炒め
  • ゴーヤの油炒め
  • 胡瓜の即席漬け
  • ピーマンと竹輪のレンジ加熱
  • ピーマンと竹輪のレンジ加熱
  • ピーマンと竹輪のレンジ加熱
  • ナスのレンジ蒸し
  • 胡瓜そうめん
  • 胡瓜そうめん
  • バナナサラダ
  • 昨日の昼はキュウリの竹輪詰め
  • 昨日の昼はキュウリの竹輪詰め
  • 昨日の昼はキュウリの竹輪詰め
  • 昨日の昼はキュウリの竹輪詰め
タグ絞り込み検索 (▼をクリック)
アーカイブ
アクセスカウンター (UU)

    アクセスカウンター (PV)