南アメリカ原産で、江戸時代末期に観賞用として導入されているようで、
日本全国津々浦々に広く分布しているようですね。

根絶させるのが難しいとも言われ、子子孫孫まで繁栄するので、
家紋にも取り入れられたものと思います。


花は、上品なピンク色で綺麗ですね。雄しべの葯が白いのが特徴です。
種は、できません。繁殖は地下の鱗茎の周囲に小さな鱗茎で増えます。
葉は、ハート形の三つ葉で、日本五大家紋・十大家紋の一つと言われる、
「片喰家紋」にもなっていますね。
DSCF3481
DSCF3483
DSCF3485
良く似ている、芋カタバミ、紅カタバミがありますが、直接は見ていません。

畑に生えている場合は、
小さな鱗茎も見落とさず、丹念に除去する
のが、一番でしょうね。