SENNENのBLOG header 1000x88 蝋梅

事務用品

 ご覧になって役立つ記事が、1つでもあれば幸いです。 

鉛筆補助軸(ペンシルホルダー)

キャップと消しゴムが付いた、プラスチックのペンシルホルダーです。

大変良く出来ています。 弱点は、転がり防止が、付いていない事です。
転がり防止には、目玉クリップをキャップに挟むと、バッチリです。
目玉クリップは、これです。
DSCF8173-001
DSCF8175

DSCF8179-001
DSCF8181-001
DSCF8182-001

メモスタンド3個入

サイズ: 50(W) × 65(D) × 52(H)mm
軽くて、折り畳めるので、ポケットに入れておくこともできます。
DSCF8125
DSCF8129
DSCF8130
DSCF8134
DSCF8132

※追記
メモスタンド(ダイソー)
http://sennen.ldblog.jp/archives/2017-12-17.html

待望のメモスタンド(3個入)が再度販売に
http://sennen.ldblog.jp/archives/2018-06-16.html

http://sennen.ldblog.jp/archives/2018-09-22.html

短くなった鉛筆を使うには

シャープペンシルやボールペンが、一般に普及する50年位前までは、
鉛筆や万年筆が主流でしたから、鉛筆は短くなるまで、ナイフで削って
使っていましたね。
短くなった鉛筆が、ちゃんと使えるように、「鉛筆補助軸」を当時の人は
殆ど使っていました。

現在でも、使っている人は、ごく一部の人だと思われますが、
商品は今でも販売されております。

シャープペンシルやボールペンの方が、環境保護にも、エコライフにも
良いと思いますが、
業種や業務によっては、鉛筆でないと出来ない事も、
まだまだありますね。
DSCF7832
DSCF7841
DSCF7839
DSCF7843
補助軸の長さ:111ミリ
(消しゴム部含む) 直径:9.6~9.3~10.5ミリ
DSCF7856
鉛筆を逆刺しにすると、芯の保護にもなって、ポケットに入れても安全です。
DSCF7859
短い鉛筆を替え芯用に、もう1本収納も出来ます。
DSCF7862
中に、
短い鉛筆を、もう1本収納したところ。

画鋲とプッシュピン

最近は、画鋲よりも、プッシュピンを使われる事が、多いようですが、
刺す素材によって、画鋲との、使い分けをされた方が良いと思います。
プッシュピン: ピンの直径1.1ミリ、長さ約11ミリ
  軟らかめの素材に向き、素手で外し安い。硬めの素材には刺しにくい。
画鋲: ピンの直径約0.75ミリ、長さ約8ミリ
  木材等硬めの素材でも刺しやすいが、素手では、外しにくくなる。
DSCF7784
画鋲のカラーは、金、銀、赤、黄、緑など
プッシュピンのカラーは、透明を含め6色
DSCF7791


DSCF7780
DSCF7782
5色ミックスになったものも(150本入り)、あります。

画鋲のいろいろ

カラー画鋲は、透明以外に、色々な色の画鋲があります。
昔ながらのものと、目立たないものとで、この4種類を主に使います。
DSCF7757


ブックスタンドで作るペーパースタンド

ダイソーのブックスタンド(アルミ2個セット)85(H)×65(W)×45(D)mmを、
2枚同じように、指で折り曲げるだけで使えます。
折り曲げる部分は、ブックスタンドの底面になる、65×45mmの部分です。

ペーパースタンドとしては、85(D)×65(W)×45(H)mm となります。
DSCF7458
ズレ防止と滑り止めに輪ゴムを止めればOKです。
DSCF7459
DSCF7460

ゼムクリップ&ケース

蓋の裏側にマグネットが付いていて、クリップも取り出しやすい。
デスクワークに一個あると、便利ですね。  サイズ:65×100×32mm
DSCF7065
DSCF7070
DSCF7075
ケースの底には、滑り止めのゴムも付いています。

最近のクリアポケット

最近のクリアポケットは、以前のと厚みは同じ(50ミクロン)で、
更に2枚増えていますね。 (16枚->18枚)
DSCF6047
DSCF6048

最近のテープ付クリアポケットも、以前のと厚みは同じ(50ミクロン)で、

更に2枚増えていますね。 (11枚
->13枚)
DSCF6041
DSCF6043

キヤノン用互換インク(BCI-3eM)

初めて、互換インク(染料インク)を買いました。 ダイソーの商品です。

古くなった機種なので、そろそろ、純正で無くてもいいかな?
という事で、互換インクを使ってみる事にしました。
(本当は、プリントヘッドが傷みやすくなると思うのですが、
文書印刷が主で、写真印刷は殆どしないので)
黒インクだけは、顔料インクなので、まだ純正品を使うつもりです。
DSCF6022
DSCF6024
「供給口にインクが溜まっていますので、
必ず供給口を上にして置き、静かにキャップを取り外してください。
溜まっているインクはティッシュなどで押さえて拭き取って下さい。」
と、使用方法に書かれていたので、上にしてキャップを外したが、
マゼンタのインクなので、左手が怪我をしたようになってしまった。
(画像省略)


ポリ袋の中でキャップを外すようにすると、インクがこぼれても、
安心してキャップが外せますね。

両面テープ

良く使う、両面テープは、
透明フィルムタイプの15ミリ幅と、20ミリ幅です。

ダイソーでは以前、30,40,50ミリ幅も有ったのですが、
最近では、幅広タイプは見かけなくなりましたね。
DSCF4979
プロフィール

SENNEN

記事検索(ブログ内)
折り紙動画 再生リスト
最新コメント
ギャラリー
  • 下ろし大根と胡瓜の千切り
  • ゴーヤの油炒め
  • ゴーヤの油炒め
  • 胡瓜の即席漬け
  • ピーマンと竹輪のレンジ加熱
  • ピーマンと竹輪のレンジ加熱
  • ピーマンと竹輪のレンジ加熱
  • ナスのレンジ蒸し
  • 胡瓜そうめん
  • 胡瓜そうめん
  • バナナサラダ
  • 昨日の昼はキュウリの竹輪詰め
  • 昨日の昼はキュウリの竹輪詰め
  • 昨日の昼はキュウリの竹輪詰め
  • 昨日の昼はキュウリの竹輪詰め
タグ絞り込み検索 (▼をクリック)
アーカイブ
アクセスカウンター (UU)

    アクセスカウンター (PV)