SENNENのBLOG header 1000x88 蝋梅

修理

 ご覧になって役立つ記事が、1つでもあれば幸いです。 

ゼムクリップの活用

ペンシルケースなどに、ゼムクリップを常備していると、
パソコンをシャットダウンした後で、ディスクの取り出し忘れに気付いても
慌てて、再起動することなく、簡単に取り出すことができます。

一般的な、ディスクドライブ装置には、ディスクのイジェクト穴があり、
そこに、ゼムクリップを伸ばした先端を挿し込んで、軽く押すと、
パカッと開くので、再起動せずに、取り出すことができます。

DSCF7601DSCF7602DSCF7609
DSCF7611
分解する時も、ディスクドライブ装置の固定ねじを外して、
同様に、ゼムクリップ等で、開かせて、装置を本体から引き出します。

鍋蓋のつまみ修理

18cmのステンレス鍋の蓋のつまみが、最近緩んでるなぁと思っていたら、
破損して取れてしまいました。 
使わなくなった、20cmのアルミ鍋の蓋を取っておいたので、交換する
ことにしましたが、ねじ穴の5ミリを、6ミリに拡大する必要があります。
DSCF6759

傷んで寿命が来ていたようです。
DSCF6756
DSCF6743
ドリルで6ミリ穴に拡大して、両面のバリを取りました。
DSCF6744
DSCF6748
DSCF6751
タダで、修理完了です。






天井埋め込みスピーカーの取替え(修理)

地元の公民館(市立では無い)の天井埋め込みスピーカーの
3個の内、1個が昨年から鳴らなくなっていたので、今日の午後、
Mさんにも手伝っていただき、点検をして、取換え工事をしました。
 

外形24cmのハイインピーダンススピーカーです。
スピーカートランスは、1次側:COM,3.3kΩ,10kΩ 2次側:8Ω でした。

取り外して点検した結果、
やはり、SPトランスの断線は無く、ボイスコイルの断線でした。 
新しいスピーカーに前のSPトランスを移し替えて、取り換えてみましたが、
インピーダンスと出力Wが、合っていないようで、音の出力が他の2個より
小さいので、来週もう一度、調整が必要なようです。

※追記
SPトランスの1次側が差し込み方式の端子で、接触が甘かったようで、
確実な、結線に変更して、バッチリ音が出るようになりました。

取り外したスピーカー
DSCF8284
DSCF8279
DSCF8281
DSCF8289

新しい、スピーカーです。
DSCF8285
DSCF8287
奥の方が取り替えた、新しいスピーカーです。

蛍光灯の修理(天井吊下げタイプ)

古いタイプで、何年使っているのか覚えていませんが、昨日から2灯の内、
1灯しか点かないようになりました。

スイッチの動作不良の可能性が高いので、分解して点検してみたところ、
リード線が、スイッチの電極の半田付けから外れていました。

珍しい症状ですね。 通常は、しっかりと半田付けされているはずなので、
こんなことは、起こりにくいんですがね。
DSCF6039

DSCF6040
DSCF6042
スイッチの両側の、安定器には問題無かったのですが、
なんと、スイッチの電極から、リード線が外れていますね。 
最初の、半田付け不良だったんでしょうね。

DSCF6045
DSCF6046
電極を磨いて、半田付けのし直しで、バッチリ、修理完了です。
DSCF6050
DSCF6056
買い直さなくても、自前修理なので、タダで済みました。

呼出しベルスイッチの修理

最近呼出しベルが鳴らなくなっていたので、押しボタンスイッチを分解して
点検してみました。
 40数年使っているものです。
DSCF5597

裏側

DSCF5599

端子カバーを外すと、ちっちゃな蟻の死骸が接点に、びっしり。
DSCF5606

分解掃除後

DSCF5611
DSCF5616
取付けて、修理完了、バッチリです。
DSCF5619
まだまだ、正常に、何十年も使えそうです。

手押しポンプの木玉をプラ玉へ取替

手押しポンプのピストンの木玉の皮が、すれたり、縮んだりで、
スカスカするようになっていて、利用頻度も非常に少ない所なので、
今回、プラ玉へ交換することにしました。
DSCF4506
DSCF4511
DSCF4512
DSCF4515DSCF4519
DSCF4520
DSCF4522
汲み上げるピストン運動は、木玉の時より少し重くなりますが、
滑らかでスムーズな動きになりました。

カードリーダ(メモリ)

最近、ケーブルコネクタの接触不良のような状態で、
認識が不安定になっていたので、受け口のコネクタに、
接点復活剤をスプレーしてみたら、完全に解消しました。
DSCF4253
DSCF4254
DSCF4256
DSCF4258

扇風機のリモコン修理

扇風機のリモコンの反応が、どうもおかしい。 反応しなくなる日もある。
残りの考えられる原因は、
ボタン電池押さえの電極に酸化膜ができているようだ。

そこで、耐水ペーパーで、電池押さえの電極を磨いてみることにした。

※ペーパーの画像は、処理した後に撮影しているので、
最初から、電極のこすれ跡が付いています。

DSCF4144
ウォーターペーターの表と裏
DSCF4154
必要なだけ、カットしたペーパー
DSCF4146

(1)電池ホルダーに、ペーパーを被せる前
DSCF4147

(2)電池ホルダーに、ペーパーを被せて挿入

DSCF4149

(3)電極がこすれるように、更に挿入
DSCF4150

(4)ホルダーを取り出し、ペーパーを外す
DSCF4151

(5)電池とホルダーを装着して、動作確認。
DSCF4153
今回の修理で、まったく問題無しになりました。

扇風機のリモコン修理(接触不良)

電池は新しく入れ替えているのに、反応しなくなりました。
考えられるのは、電池ホルダーの接触不良ですね。
DSCF4006
DSCF4008
DSCF4012
基板の電池ホルダーの真ん中を、少しくぼむように強く抑えて、
電池を挿入すると、やはり、接触不良は解消できました。

DSCF4015

TVリモコン(基板交換)

2個ともオークションで、それぞれ500円(送料無料)で落札したものですが、
左側の1個目は、外観は綺麗でも、TV本体が反応せず、故障品でした。
2個目は、動作保障品を落札して、基板の部品取りをすることにしました。
DSCF3430
画像は、右側の正常動作基板を左側に取り換え後、構造記録のために、
撮影したものです。 したがって、基板は故障基板です
DSCF3421
DSCF3423
DSCF3424
DSCF3425
DSCF3427DSCF3428
左側は、外観も綺麗で、正常動作するリモコンができました。
プロフィール

SENNEN

記事検索(ブログ内)
折り紙動画 再生リスト
最新コメント
ギャラリー
  • 下ろし大根と胡瓜の千切り
  • ゴーヤの油炒め
  • ゴーヤの油炒め
  • 胡瓜の即席漬け
  • ピーマンと竹輪のレンジ加熱
  • ピーマンと竹輪のレンジ加熱
  • ピーマンと竹輪のレンジ加熱
  • ナスのレンジ蒸し
  • 胡瓜そうめん
  • 胡瓜そうめん
  • バナナサラダ
  • 昨日の昼はキュウリの竹輪詰め
  • 昨日の昼はキュウリの竹輪詰め
  • 昨日の昼はキュウリの竹輪詰め
  • 昨日の昼はキュウリの竹輪詰め
タグ絞り込み検索 (▼をクリック)
アーカイブ
アクセスカウンター (UU)

    アクセスカウンター (PV)