SENNENのBLOG header 1000x88 蝋梅

ポンプ

 ご覧になって役立つ記事が、1つでもあれば幸いです。 

地下水ポンプの修理(PG-203AS)

平成6年から使っているポンプで、約26年になりますが、
最近急に、蛇口をひねったら水圧が下がった後、モーターが回らない
現象が時々発生するようになっていました。
カバーを開けて軽く叩くと、モーターが回って正常になったりしていたので、
暫くの期間様子を見ながら使っていました。

振動を与えると、正常に動作するということは、接触不良個所があるという
事は確実なのですが、点検時には、すぐ正常になるので不良個所の
特定が出来ずじまいでした。

今朝は叩いても、正常動作にならなかったので、接触不良箇所の特定を
して、修理することにしました。

点検の結果、制御基板、センサーケーブル、各コネクタには、異常なし。
あと、考えられる箇所は、制御基板の下側に取り付けられている、
進相コンデンサと、モーター焼損防止スイッチの2箇所です。
焼損防止スイッチを取り外して分解して内部の接点を点検しましたが、
特に問題無し。

最後の箇所は、進相コンデンサなので、接続端子の片側を外してみて、
不良動作の再現ができるか試したところ、再現できたので、
不良箇所は、このコンデンサの平型端子の接触不良が原因でした。
端子は、綺麗な状態でしたが、念のため耐水ペーパーで磨いて、
接点復活剤を塗って、元通りにセットして修理完了です。
これで安心して使えます。
DSCF6086
DSCF6088
DSCF6090
DSCF6091

センサーの動作ランプも正常
DSCF6099
DSCF6093
制御基板の下側に、進相コンデンサと、
モーター焼損防止スイッチが取り付けられています。
DSCF6095

進相コンデンサを外して、平型端子を点検する
DSCF6097

手押しポンプカバー製作

手押しポンプの簡易カバーが割れてしまったので、作り直しました。
DSCF7513
DSCF7514
DSCF7515

材料は、ダイソーのゴミ入れです。 底の直径が16㎝位。
DSCF7517
DSCF7522
DSCF7534
DSCF7529
DSCF7531
DSCF7532
DSCF7537
ちょうど、ピッタリのポンプカバーが出来上がりました。

ポンプのパッキンから滲み漏れ

地下水の水道ポンプで、これは、平成6年の夏から使っているもので、
ナショナルのPG-203AS
大寒波の時も、凍結はしなくて、影響は無かったのですが、
一応、点検してみたら、

補助タンクカバーのパッキンから、ほんの僅かの滲み漏れがあったので、
ボルト6本の増し締めを数回やってみましたが、パッキンがカチカチで、
プラスチックのように固くなっているので、殆ど変化無しでした。
DSCF2231
ネットで、注文できるところを探し出して、注文したので、
到着したら、交換して、完全に解消できると思います。
DSCF2238
DSCF2229
DSCF2218
ポンプの設置状態(家の北側)で、カバーは、二重にしています。

手押しポンプの分解掃除

通常は浅井戸用電動ポンプを使っていますが、災害時にも使えるように、
手押しポンプも併設しています。 これは取り付けて、20年位のものです。
DSCF4435
DSCF4437
DSCF4438
DSCF9173
シリンダーの内側の画像を撮り忘れましたが、かなり傷んでいました。
ピストンのワンゴムもかなり傷んでおり、交換もしくは、修復が必要な
状態で、やはり、スカスカして水を汲めない状態になっておりました。

明日以降、部品交換をせずに、何んとか修復をしてみます。

遂に外しました(玉下)

錆びて固着の度合いが強く、大きなパイプレンチだけではビクともせず、
今日は、パワートーチで、じっくり加熱して、ハンマーで叩き、その後、
パイプレンチに、1mのパイプを差し込んで回したら、緩み始めました。
DSCF5998
DSCF5920
DSCF5923
遂に外れた玉下
DSCF5925
新品と交換したところです。
DSCF5929
合いゴムを付けてポンプ本体の取付
DSCF5945
ボルトナットもステンレスに交換しています。
DSCF5386
修理・整備前の状態(たぶん15年以上放置)ピストン無し

DSCF5943
手押しポンプの修理・整備完了です。手水鉢も綺麗になりました。

寿命に近い玉下(手押しポンプ)

ボルトとナットが錆びで固着し剥離までしております。
ステンレスのボルトナットを使用すれば、こんなにはならないと思います。
DSCF5808DSCF5821
玉下全体を緩める事が出来なかったので、
玉のほうをヤスリとスクレーパーで、錆を落とし、しっかり磨いてみました。
DSCF5828
ゴムとの擦り合わせが、かなり良くなりましたので、
短時間での落水には、ならないようです。

玉下(打込み井戸用)

打込んだパイプから地下水を汲み揚げるための、
開閉弁と手押しポンプ本体の受台にもなる部品です。

砂等が弁に挟まりにくい構造になっていて、
手押しポンプ内の落水防止弁にもなります。

手押しポンプ本体内のピストンにも開閉弁が付いていて、
両方の弁の反作用で、地下水を汲み揚げる事ができます。
DSCF5703
約8ミリ開くように調整されています。
DSCF5702
DSCF5701
DSCF5724
合ゴムも一緒に交換します。
DSCF5711
ボルトは11ミリまでOK
外径:134×134mm  66mm対応のパイプレンチが必要ですね。

部品の入手先は、 レインワールド

手押しポンプ木玉の補修(皮)

昨日張替えた皮は、幅を25mmにして、少し厚かったので(4.2mm)、
やはり、
ポンプのシリンダーに入りませんでした。

今日は、別の合成皮革ベルト(3.8mm)で、幅も22mmにして再度張替えて、
試してみたところ、丁度、ピッタリのサイズでした。
ポンプに装着しても、調子良く水を汲みだす事が出来ました。
DSCF5492
DSCF5494
DSCF5554
耐久性は、弱いかもしれませんが、たまにしか使用しない程度で、
飲用水にしなければ、十分、実用になるレベルで、代用が効きますね。

手押しポンプ木玉の補修

木玉の皮が硬化して縮んでしまって、シリンダーと密着せず、
スポスポになっており、
何か代用できるものはないかと考えたら、
合成皮革のベルトが使えるのではないかと

ひらめき、張替えてみました。


また、リードバルブ(サブタ)の皮も硬化していて、
バルブの開閉が軽くスムーズにできなくなっており、

このままで、機能の回復を図る為、硬くなった支点部分の皮を
薄くなるように、
三分の二位削りました。 
そうしたら、想定通り軽く開閉するようになりました。

DSCF5417
DSCF5421
DSCF5378
ポンプ本体(川本第一ポンプ)です。
本体への装着テストは、本日予定していましたが、5日に変更です。
プロフィール

SENNEN

記事検索(ブログ内)
折り紙動画 再生リスト
最新コメント
ギャラリー
  • 下ろし大根と胡瓜の千切り
  • ゴーヤの油炒め
  • ゴーヤの油炒め
  • 胡瓜の即席漬け
  • ピーマンと竹輪のレンジ加熱
  • ピーマンと竹輪のレンジ加熱
  • ピーマンと竹輪のレンジ加熱
  • ナスのレンジ蒸し
  • 胡瓜そうめん
  • 胡瓜そうめん
  • バナナサラダ
  • 昨日の昼はキュウリの竹輪詰め
  • 昨日の昼はキュウリの竹輪詰め
  • 昨日の昼はキュウリの竹輪詰め
  • 昨日の昼はキュウリの竹輪詰め
タグ絞り込み検索 (▼をクリック)
アーカイブ
アクセスカウンター (UU)

    アクセスカウンター (PV)